AGAに効果がある治療法とは!AGAの原因・治療方法など対策

AGAの代表的な治療はミノキシジルとプロペシアを併用する薬を使っての治療法です。その他に育毛メソセラピー、HARG療法、AGA遺伝子検査などのAGA治療法・検査方法などがあります。ここではAGAの治療法について紹介していきます。

*

HARG治療とメソセラピーの違いはどこ?【AGA治療の比較】

   

育毛剤が効かないときの治療法

現在の薄毛治療の主流はミノキシジルやフィナステリドなどの薬剤を用いた方法ですが、それらで思うような効果が出なかった時に利用される治療があります。頭皮に育毛や発毛を促進させる成分を直接注入する方法であり、少し進んだAGAの症状にも効きます。

HARG治療

注入方式であるメソセラピーとHARG治療を比較してみると、どちらも注射器やレーザーを使って有効成分の含まれた薬剤を頭皮に直接注入します。

ただし、注入する薬剤には違いがあり、HARG治療で使われる薬剤には脂肪幹細胞から抽出した毛髪の成長因子であるたんぱく質AAPEを中心にビタミンやアミノ酸などの髪の毛の栄養になる成分が配合されていますので、細胞の新陳代謝を促進させることができます。

毛母細胞が活性化されて細胞分裂が進みますので、現在生えている髪の毛が伸びるだけでなく、新たな髪の毛を作り出す働きも強化されます。ここがHARG治療のもっとも大きなポイントであり、メソセラピーには含まれていません。

メソセラピー

メソセラピーに使われる成分はクリニックによって異なりますが、ミノキシジルやフィナステリド、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、複合ビタミン、VEGFやIGF-1といった成長因子などが多いようです。ミノキシジルにはヘアサイクルの正常化を促して髪の毛を太くする作用がありますし、VEGFには新生血管の形成を促進して毛包に栄養を与える効果があります。

また、IGF-1には強くて丈夫な髪の毛を育てる働きがあります。フィナステリドはAGAの原因となる男性ホルモンの働きをブロックする効果がありますので、直接注入しても効果があるのは当然です。

含まれている成分に違いはありますが、どちらも直接頭皮の下にある毛母細胞や毛乳頭にアプローチできる方法ですので、作用が早く出るのは共通しています。

実際に治療法を聞いてみると手法が似ていますので同じようなものだと捉えられていることも多いのですが、脂肪幹細胞から抽出した成長因子が含まれているHARG治療は最終手段という位置づけです。